給湯器の寿命が来たら新品に取り換えよう!

お湯が止まるときの対策

リモコン

耐用年数を超えたら交換

今使っている給湯器が調子が悪くなったならば、それは寿命なので早めに交換を実施しましょう。給湯器の寿命はおおよそ8年から15年ほどとなっており、それを超えて使用を続けることは大きなリスクを伴います。特に以上が無いからといって使い続けるといきなりお湯が出なくなる、あるいは突然熱湯が出てくるようになるのです。思わぬ事故の元になるので、早めに業者に交換を行ってもらいましょう。その寿命を迎えた給湯器交換の準備と、新しい給湯器設置までの手順としては撤去してからクリーニングを行います。それから新しい給湯器を設置し、ガス配管設備を整えて内部にリモコンを取り付けるのです。顧客側で行う準備としては給湯器周辺の清掃だけで十分なので、気軽に業者に施工を依頼しましょう。寿命を迎えた給湯器もそのまま引き取ってもらえるので、スムーズに新しい給湯器を運用開始できます。見積りはどこの業者でも無料で行っているので、費用面で不安があるならば複数の業者に見積りを出してもらいましょう。その中から納得できる業者を選定すれば、より満足いく給湯器取り付け工事が出来ます。しかし、あまりにも安い業者は寿命を迎えたものを引き取ってもらえないなどのサービス不備があるのです。そういった細かいサービスを実施しているかどうかも確認することが大切といえるでしょう。それらの点に注意して施工を依頼することで、寿命を迎えて調子が悪くなった給湯器の処分と新品の取り付けが円滑に行えます。

給湯器

故障時はすぐに利用しよう

給湯器に不具合が発生した時は、給湯器を取り扱う業者に依頼して修理してもらいましょう。多くは部品交換を含めて1万円から3万円程の料金となり、エリア内であれば出張費無料で素早く対応してもらえるので手軽に利用できます。

水回り

お湯を沸かす装置

ガス給湯器とはお湯を作る装置です。最近は、高効率型の登場によりお風呂や水仕事だけでなく、床暖房や浴室暖房乾燥機などにも利用されます。また、同じ装置で電気給湯器もありますが、お湯切れや設置スペースの確保などの問題もあります。

作業員

お湯が直ぐ使える有難さ

一般的なガス給湯器の寿命は、8年〜10年だといわれています。交換の際には、家族の人数やライフスタイルを基準に選びましょう。四人家族なら24号、シャワーや給湯を同時に行っても問題ありません。仙台のように寒い地域で給湯器を使用する場合は、屋内設置型を選ぶと良いでしょう。