給湯器の寿命が来たら新品に取り換えよう!

お湯を沸かす装置

水回り

ガスか電気でお湯を沸かす

ガス給湯器とはガスによってお湯を作り出す装置のことを言います。ガス給湯器とは言いますが、電気によって制御されている部分もありますので、停電時にはお湯を出すことができません。また、ガス代などの料金がかかります。しかし、最近は効率良くお湯を作ることができる高効率型のガス給湯器も販売されており、ガス代を抑えることも可能となりました。それを可能にしたのは一次熱交換器の排ガスの中の潜熱を利用し、二次熱交換器を内部に作ることができたためです。これもによりガス給湯器の利用の幅が広がりました。お湯を作る機能を利用して家の床下に配管を設置し、温水を循環させ床暖房にすることもできます。また、同じような形で浴室暖房乾燥機にも利用できます。最近は電気給湯器との比較も増えてきました。お湯を作る装置というのは両方とも変わりませんが、お湯の作り方に違いがあります。ガス給湯器の場合はお湯を使う際にその都度瞬間的に沸かしています。電気給湯器の場合は夜間の深夜電力を使って、お湯を沸かして貯めておくという方式です。そのため、ガス給湯器の場合はお湯切れの心配がありませんが、電気給湯器の場合は夜間に貯めておいたお湯がなくなってしまった場合にお湯切れを起こします。実際に切れてしまった場合は、再度お湯を沸かして作るまで時間とコストがかかってしまいます。また、ガス給湯器と電気給湯器では大きさがまるで違います。ですので、電気給湯器の場合は家の周りにある程度の広さが必要となってきます。